茅ヶ崎の海の近くにある静かな旅館での、四季折々を綴ってゆきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 千波屋 納涼会 | main | 千波屋 納涼会 詳細内容 >>
日本最古のサーフボード

茅ヶ崎館の初代は、もともと長く日本郵船の船乗りとして、世界各地を航行していました。
そして50歳を過ぎてから、憧れの土地茅ヶ崎にて、当時はベンチャー企業だったとも言える、海浜旅館の経営に着手しました。

世界各地で様々な物事を見聞してきた初代は、柔軟な発想のアイデアマンでした。
旅館で狂言や落語を催したり、宿泊客向けに海のアクティビティを開発したりと、まだ電話線も引かれていないいない寒村に客足を向けるべく、様々な知恵を絞りました。

初代のあとに旅館を継いだ二代目は、町で一番最初に自家用車やオートバイを乗り回したり、まだラジオが市販されていなかった頃にラジオを自分で組み立てたりと、かなりのアイデアマンかつモダンボーイでした。

そんな、嗅覚が鋭く先進的だった初代と二代目が、海のまち茅ヶ崎にとっても、日本のサーフィン史上にとっても、重要な財産となるであろう、あるものを残してくれました。

それが木製のサーフボードです。

この、1920年代のハワイ製コアボードは、当時ハワイで流行し始めていたサーフィンのことを知った二代目が、茅ヶ崎でもやってみようと、ハワイから輸入したのです。
これほど古いサーフボードは、今となってはほとんど残っていないらしく、「日本最古のサーフボード」として、現在も茅ヶ崎館にて保管されています。

余談ですが、このサーフボードは、しばらく庭のベンチとなっていたそうです。
偶然いらした、サーフィンに詳しいお客様がそのベンチをご覧になり、「これはかなり古いサーフボードでは…」と気づいて下さったとか。

そんな日本最古のサーフボードが、なんと7月5日放映の「なんでも鑑定団」に登場いたします。
五代目が番組に登場し、また茅ヶ崎館についても番組内で紹介される予定です。
よろしければご覧ください。

放映予定
「開運!なんでも鑑定団」
7月5日20時54分〜
TV東京系列 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://chigasakikan.jugem.jp/trackback/39
TRACKBACK