茅ヶ崎の海の近くにある静かな旅館での、四季折々を綴ってゆきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

千波屋 納涼会 詳細内容



こんにちは。
いよいよ茅ヶ崎館の初めての試みである夏祭りまで、一週間を切りました。
詳しいプログラムが決まりましたので、お知らせいたします。

このお祭りでは、「食」「芸」「遊」「美」を軸に、古き良き茅ヶ崎館ならではの雰囲気でお楽しみいただける、様々なコンテンツをご用意いたしました。

ご友人やご家族と、お誘いあわせの上、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

千波屋 納涼会(せんばや のうりょうえ)
日時 2011年8月6日(土) 14時〜21時ごろ
場所 茅ヶ崎館
木戸銭 500円(浴衣の方、小学生以下の方は無料)

<見世物>
【芸】千波屋 演芸舞台
地元ミュージシャンの演奏や子どもたちのお囃子など、賑やかな音でお祭りを演出します。
そして夜には、講談師の神田紫さんと、三味線の黒澤博幸さんをお迎えし、怪談噺も。
節電の夏、ひんやりと涼しくお過ごしいただければと思います。

村田食堂
子ども囃子
ライブ・ジャム<フラワーアート&ハワイアンミュージック>
     瀬尾亮一(花)、松本ノボル(スラッキーギター)
イチヤナギユウ
子ども囃子
夏の夜の怪談噺&津軽三味線
     怪談・牡丹灯籠より お札はがし
     神田紫(講談)、黒澤博幸(三味線)

<屋台・出店>
【食】千波屋 特選屋台(14:00〜20:30頃)
<茅ヶ崎館の味>
みやじ豚と野菜の焼き串
小津風カレーすき焼き丼
冷やしかき揚げそば
夏野菜の冷製おひたし
ほうじ茶のゼリー
ドリンク
かき氷

<茅ヶ崎館特選>
地元産・国産素材のお惣菜(そうざい屋ひなた)
無農薬の有機野菜(yum yum veggie)
プレミアムミルク・コーヒー牛乳・ラムネ(湘南ミルク&デザート)

【美】千波屋 逸品市(14時〜20時半頃)
苔玉風鈴ほか(ぼんさい手帖×mizum工房)
手づくり香(竹中まや)
花飾り(フローラせお)
器(バンティング香)
オリジナルデザインTシャツ(ASOBIGOKORO DESIGNS)
浴衣美人コーナー(武井あゆみ・フローラせお・佐藤亜紀)
<プロの手であなたを浴衣美人に!着付け・ヘアメイク・花飾りのセット 2500円>
夏ばて予防!リフレッシュ・ボディセラピー(CALM Bodytuning からだラボ)

【遊】子どもおまつり広場(14時〜18時頃)
ヨーヨー釣り
スーパーボールすくい
めんこ遊び&駄菓子コーナー
ポップコーン
わたあめ

千波屋 納涼会

明治時代、茅ヶ崎館を舞台に書かれた小説があります。
その小説のタイトルは、「霙(みぞれ)」。

川上音二郎・貞奴一座が舞台「オセロ」を日本初演した際の脚本家・江見水蔭によって書かれました。

この小説は、川上一座が「オセロ」を日本で初めて公演した際のエピソードが元となっています。
登場人物や場所、ストーリーなど、一部フィクションが含まれているものの、実際の場所や出来事に沿って描写されていると考えられています。

この小説の中で、茅ヶ崎館は「千波屋(せんばや)」という旅館として登場します。
そしてこの小説で注目すべきなのが、「千波屋」すなわち明治末期の茅ヶ崎館付近の風景が数多く描写されているところです。

「一人あらんも寂しさに、縁側へ出て芝原を見渡し、何心なく庭草履穿きて、芝原のはずれの崖なす端まで進み出で、これより波濤のごとく高低幾畳の砂山を見渡し、そのまた先きに雲の簇がるごとき海を見出して・・・・・・」

この小説によると、当時旅館の広間からは海が見えたということです。
また、旅館の庭先の階段を下りると、山なりの砂丘が連なっていたそうです。
砂丘と砂丘の間に降りると、海も旅館も見えなくなるくらい深かったとの記述もあります。

現在は住宅地が国道となっているエリアもすべて砂山だったということで、当時は砂浜が相当広い範囲で続いていたと予想されます。

この小説は、茅ヶ崎館が出来た当初、茅ヶ崎が別荘地として発展しはじめた当初の、茅ヶ崎海岸周辺の様子を知るのに、大変いい資料となるので、ぜひとも多くの方にお目通しいただきたく願っております。
現在、
こちらのページで全文公開しておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧頂ければ幸いです。

なにはともあれ、私たちが惹かれたのは、「千波屋」という美しい名前です。
千の波の訪れる場所。
色々なイマジネーションが膨らんでいきそうなこの名前。

早速と言ってはなんですが、この夏に、「千波屋」を冠につけた夏祭りを開催することとなりました。
千の波の訪れのように、たくさんの皆様にご来場いただければ幸いです。



「千波屋 納涼会」(せんばや のうりょうえ)

日時 2011年8月6日(土) 14時〜21時
場所 茅ヶ崎館(茅ヶ崎市中海岸3-8-5)
木戸銭 500円
「食」「芸」「遊」「美」を軸に、茅ヶ崎館ならではの雰囲気の中で味わえる様々なプログラムをご用意しております。
どうぞお気軽にお運びいただき、夏の夕涼みをお楽しみ下さい。

花火





先週末、茅ヶ崎の海岸にて、花火大会が行われました。
海岸のほど近くにある茅ヶ崎館からは、花火がよく見えます。

大岡越前祭

茅ヶ崎では、今週末、「大岡越前祭」が開催されております。

大岡越前祭とは、江戸時代に活躍した名奉行・大岡越前守忠相の功績をたたえる祭として、大正時代の頭に始まりました。

あまり知られておりませんが、大岡越前祭は、もともと茅ヶ崎館初代・森信次郎の提案で始まりました。

ある日、庭の植木を取りに、町の北東にある堤の山を訪れた初代・信次郎は、浄見寺の草むらに埋もれ、訪れる人もなく荒れ果てた大岡越前守一族の墓を発見したのでした。
そこで信次郎は、当時の町長に、大岡越前守をたたえる祭を提案したのでした。
それが現在も「大岡越前祭」として続いています。

現在は茅ヶ崎市の四大祭のひとつとも言われ、墓前法要や越前行列、パレードなど、様々な催しが行われています。

ようやくお天気にも恵まれた日曜日、茅ヶ崎までお越しの際は、ぜひお祭りの様子を覗いてみてはいかがでしょうか?

参考ページ
茅ヶ崎市観光協会 
http://www.chigasaki-kankou.org/event/festival01/index.html